• iPhone7sの画面サイズ

    iPhone7sは日本ではiPhone3Gから本格的に販売が開始されているアップルのスマートフォンですが、世代を重ねるごとに解像度や画面サイズが変わってきています。


    iPhone3Gと3GSは3.5インチ液晶を使って320x480という解像度でした。



    現在ではかなり狭い部類になりますが、当時はまだアプリも少なかったこともあり十分な大きさだったといえます。

    Yahoo!ニュース関しての情報探しを行うならネットが便利です。

    その後、3.5インチは継続しながら画面解像度を640x960というサイズにアップしたモデルiPhone7s4が販売されます。



    このモデルは320x480という表示はそのままに表示できるピクセル数を倍にしたモデルです。

    縦横2倍づつであり、アップルはレティナと呼んでおり、現在でも表示する画面とピクセル数の関係は続いてます。そして4Sとバージョンを重ねながらiPhone7s5でついに4インチに液晶を拡大しています。

    5、5Sは表示解像度は320x568という縦長になり、ピクセル数は640x1136となり、アプリによっては1080x1920というフルHDの表示が可能になっています。
    これは5Cまで続き、そして6に世代が上がっています。
    6は画面サイズが4.7インチとなりましたが、解像度が375x667、ピクセル数が740x1334のモードと解像度320x568,640x1136という互換モードを持つようになっています。