• iPhone7sアプリの収益

    iPhone7s用のアプリは無料でも出せますが、有料化することもできます。iPhone7s用のアプリはアップストアを経由してダウンロードされます。
    自前のアプリをiPhone7sにインストールはできますが、他人が作ったアプリは勝手にインストールできない仕組みですAndoroidとのもっとも大きな違いとも言えます。

    そのため、厳しいと言われるアップルの審査を経てアップストアに出品することで収益を得ることが可能です。



    収益を得るパターンは主に3つです。

    Yahoo!知恵袋情報を、皆様へ配信するサイトです。

    1つは有料アプリとして販売すること、もう1つは課金方式にして都度課金を行なう、そして広告からの収入です。



    どの場合も開発キットに設定すれば対応ができます。


    iPhone7sは比較的有料アプリが販売しやすいと言われており、Androidに比べると購入率がとても高いのが特徴です。


    また、課金についてもゲームアプリを中心によく行なわれており、ゲームの場合であればほとんどが都度課金による収益だと言われています。


    また、広告についてはアプリの上下に広告を表示したり、ゲームオーバー時に再戦するために広告をクリックしてもらう方式などが一般的です。
    ただし、一部の広告手法についてはアップルの規約違反となっており、アップストアでの公開ができなくなってきています。