• iPhone7sアプリをサードパーティ製のツールで作る

    iPhoneアプリはしばらくの間、アップル純正開発ツールであるXcodeでのみ開発ができましたが、現在では多くのサードパーティ製の開発ツールが登場しています。



    これらの開発ツールはXcodeで使われていたObjective-cではなく、他の言語で開発ができ、また、iPhone7sだけではなく、Androidにも同じプログラミングコードで対応できるのが特徴と言えます。

    OKWaveのココだけの話をしましょう。

    サードパーティ製の開発ツールはiPhone7sの機能をすべて活用できないこともありましたが、現在では多くのサードパーティ製開発ツールがiPhone7sの機能をフルに活かし、また、速度面でも純正開発環境に負けないアプリを作れるようになってます。サードパーティ製の開発ツールでは主に3つの言語が利用されているようです。1つはJavascriptです。
    単独で開発できるツールもあれば、HTML5と連携しながらアプリを作っていくサードパーティ製開発ツールもあります。2つ目はC#です。マイクロソフト製の開発ツールでもAndroidを含めたモバイル開発環境が充実していますし、オープンソース型の開発ツールも登場してきています。



    3つめはJavaです。