• iPhone7sで手ブレをせずに撮影する方法

    スナップ写真を撮影する為の機器は、デジタルカメラやスマートフォンなど多岐にわたります。



    デジタルカメラには手ブレ補正機能が付いている事が多いですが、iPhone7sではシャッターボタンを押した反動で手ブレが発生する事が多々あります。

    iPhone7sで手ブレせずに撮影する方法としては、シャッターボタンを押したまま撮影すると連写が出来る機能が新しいOSで搭載されていますので、この機能を使えば、手ブレしていない写真を撮影する事も可能です。
    しかし、一回の撮影で手ブレを発生させたくない場合には、この機能を発動させないようにしながら、手ブレが発生しないように工夫をする事が必要になってきます。

    Girls Channelの総合案内サイトです。

    新しいiPhone7sのOSには、ジェスチャーで様々な操作が出来る機能が搭載されていますので、この仕組みを使う事でシャッターボタンを押したまま、被写体にピントを合わせて、指を離す事で手ブレを発生させずに撮影出来るようになります。



    連写機能のように容量の無駄が発生せずに、撮影したい被写体を確実に綺麗に撮影する事が可能ですので、様々な場面でスナップ写真を撮影したい時に効果的です。


    画面を押す力が強い人ほど、端末が動いて結果的に手ブレが発生してしまいますので、撮影時の工夫を行う事で、iPhone7sでもデジタルカメラで撮影したような写真を自由自在に撮影出来るようになります。


    iPhone7sのカメラ機能の性能は向上していますので、撮影方法次第で一層仕上がりの高い写真の撮影が可能になります。

  • サポート情報

    • iPhoneアプリはしばらくの間、アップル純正開発ツールであるXcodeでのみ開発ができましたが、現在では多くのサードパーティ製の開発ツールが登場しています。これらの開発ツールはXcodeで使われていたObjective-cではなく、他の言語で開発ができ、また、iPhone7sだけではなく、Androidにも同じプログラミングコードで対応できるのが特徴と言えます。...

  • 大事な携帯の事

    • iPhone7s用のアプリは無料でも出せますが、有料化することもできます。iPhone7s用のアプリはアップストアを経由してダウンロードされます。...

  • 読めば解る

    • iPhone7sは日本ではiPhone3Gから本格的に販売が開始されているアップルのスマートフォンですが、世代を重ねるごとに解像度や画面サイズが変わってきています。iPhone3Gと3GSは3.5インチ液晶を使って320x480という解像度でした。...

  • 情報分析

    • iPhone7sの液晶を守ってくれる保護フィルムには多数の種類がありますが、大きく分けると光沢の有無で分けられます。iPhone7sの液晶はもともと明るいのでフィルムをはったくらいではそれほど暗くはならないのですが、光沢タイプの保護フィルムはさらに明るさを増したり、見やすい光沢に自動調整してくれるタイプも多数あります。...